2015年10月31日

ゲームの専門学校で学びことの価値はあるか!?

幅広い分野で活躍できる知識を身に着ける

ゲームの専門学校では、ゲームのプログラミングやシナリオ、マーケティングなどを学びます。それぞれ、自分が学びたいコースに入学し、目標に向かって邁進していくこととなります。近年、スマホやタブレットのアプリなど、新しいゲームのプラットフォームができてきました。そのため、ゲームを仕事として発揮できる場が、従来よりも広がったと考えられます。つまり、専門学校でゲームについて学習することは、活躍の場が広がっている現状では、価値のあることだと言えます。

もちろん従来のゲーム分野へも

もちろん、ゲーム機市場といった従来の市場も、かつてほどではないにしろ、にぎわっているので、そちらの道に進むことも可能です。そもそもゲームの開発においては、どちらも大差がないと言ってよいいでしょう。ゲーム機でも、ネットワークを利用して対戦したり、アイテムを購入するといったスタイルが取り入れられており、その差はあまりなくなっています。つまり、専門学校で学んだ知識は、応用が利き、どのゲーム分野へ進んでも生かせるということが言えます。

基礎知識は応用が利く

また、今後どのようにゲーム業界が発達するかは不透明ですが、専門学校で学んだ知識は無駄になりません。どんな分野においても、発展的な知識は、基礎的な知識を前提とするからです。つまり、専門学校で学んだ基礎知識は、応用が利くのです。したがって、将来そのような方向へゲームが変化しても、専門学校で学んだことは無駄にならないので、ゲーム業界に進めたいと考えている方は、積極的に進学を検討しても良いと言えるでしょう。

スマホのゲームが増えている今日、ゲームの専門学校を卒業すれば即戦力として期待できるのですから就職口に困ることはないでしょう。