2016年6月25日

相続税申告のための準備

相続税申告のための準備

相続税申告のためにはいろいろな準備をする必要があります。まずは相続人を確認する必要があります。次に遺言があるかどうかを確認します。もし遺言書があれば家庭裁判所の検認を受ける必要があります。家庭裁判所の検認を受けるためには開封することなく保存する必要があります。ここから財産や債務を確認した上で相続税の計算や申告書の作成さらには相続税の納付までを行っていくことになります。財産と合わせて債務の確認をすることに注意が必要です。

相続税計算と債務について

なぜ債務を確認する必要があるのかというと、相続税の課税は純財産に対して課税されます。したがって財産から債務を差し引くことによって課税される純財産となります。ここで債務に該当するものとして借入金だけでなくさまざまなものが債務に該当します。もし亡くなる直前に入院しており医療費の支払いが未払になっている場合にはこの未払医療費も債務に該当します。ほかに葬式費用なども相続税法上の債務控除に該当することになります。

相続税の申告書を提出する方法

相続税の申告を一般の人がイチから作成することは非常に困難です。ではどうするのかというと相続の申告を税理士に依頼するという方法があります。専門家である税理士に相続税の申告を依頼する場合には相続資料を準備することで申告書の作成までは税理士が行ってくれることになります。ここで注意が必要なのが相続税の準備をしておくということです。相続税の納付は亡くなった日から10か月以内となるためそれまでに金銭の準備もしくは物納の申請を行う必要があります。

相続の申告を税理士に頼むと、うまく進んでいきます。面倒な手続きもなく、相続がスムーズに完了できます。